ページ

ごあいさつ

住宅維新 萩市


萩住宅維新実行委員会のホームページにアクセスいただき誠にありがとうございます。

実行委員会の今福です。

当団体の目的は住まいと健康の関係性から、よりよい健康的な暮らし方を普及することです。

生活の基本は「衣食住」といわれ、このうち「衣」と「食」は体との関係性が比較的イメージしやすいが、「住」に関しては、「シックハウス症候群」のような例を除いてあまり注目されてきませんでした。

また厚生労働省の調査によると国民の半数が何らかのアレルギー症状を持っていると報告されており苦しんでいる方がいる事は事実です。

 

結露減少によるカビ・ダニ発生改善、暖房方式の改善と24時間機械換気による室内空気質改善、リフォーム、新築住宅への転居などで有病者が減少した減少した例もあります。

 

慶應義塾大学理工学部伊香賀教授資料から抜粋

発足のきっかけはとしては、私が慕う知人が寒暖差により脳卒中を引き起こし亡くなられたことです。私自身、建設会社と営んでおり、このような事故を施工者として限りなく無くしていきたいと思いました。しかしながら弊社だけでは限界があり、やはり施主にも、他施工者だけでなく、既に家を持たれている方、賃貸住宅に住まれている方にも、健康との関連性への理解を広めていかなければならないと思いました。また、現在、地方でも国全体でも医療費増が社会問題となっているなか、健康であることが市民、国民だれもができる「まちづくり」だと、誰かが喚起しなければならないと考えたからです。

しかし市民に、健康と住宅の関係性はほとんど知られていませんし、そのようなイベントもあまりありません。

そこで、住まいと健康の関係性から、よりよい健康的な暮らし方の情報を発信していきたいと考えています。

実行委員会会長 今福啓喜

 


萩住宅維新実行委員会


目的


住まいと健康の関係性から、よりよい健康的な暮らし方を普及すること

事業


目的を普及させる方法の企画・開発

目的を普及させる活動の実施

本会の目的を達成するために必要な活動

ダウンロード


会則 PDF